STINGER WordPress

WordPressテーマSTINGER8のグローバルメニューのカテゴリーを投稿風にカスタマイズ!

投稿日:

だんだんと形ができてきたサイトですが、トップのグローバルメニューを押してみると記事の一覧が並んでいるだけでとても寂しい感じに見えます。

記事が少ないと、すかすかの状態。これをどうにかしたい!

現状はこのように、殺風景。

カテゴリー一覧

ブログというよりホームページ風にしてみたい。

そんな中で、カテゴリーページのカスタマイズしているブログを発見。

今までカテゴリーページを全て固定ページにしようかなどと、悩んでいたのでとても感謝です。

とても丁寧で分かりやすい解説でしたので、参考にしながら作業を開始。

 

カテゴリーを投稿記事のように編集できようにする

WordPressでは新規にカテゴリーを追加する場合は「説明」の欄がありますが、STINGER8では一切表示されません。

一番下にも注意書きが「これを表示するテーマも中にはあります」と。

STINGER8カテゴリー

ここの「説明」を表示させるには、PHPファイルを修正して表示させるようです。

「archive.php」を使うので早速、STINGER8親テーマからダウンロードします。

そして、STINGER8の子テーマにアップロードします。

 

詳しいやり方はこちらを参考に

https://side-biz.コム/affiliate/wordpress/stinger8_preparation-customization

早速、「archive.php」ファイルを開いてみます。

<?php echo category_description(); ?>

を挿入するだけのようです。挿入する場所は、下から11行目の青い部分です。

STINGER8カテゴリー編集

意外とあっさりと終了。

カテゴリーから画面を確認してみました。

カテゴリー説明表示

しっかりと「説明」に記載されている部分が表示されております。

 

STINGER8のカテゴリー「説明」をエディター編集

STINGER8のカテゴリー「説明」を表示できるようにしましたが、文章のみで修正前とあまり変わらず殺風景。

これを編集できるようプラグイン「Rich Text Tags」を追加します。

Rich Text Tags」は、WordPressの投稿タグやカテゴリーの「説明」部分をリッチテキスト形式で編集できるプラグインです。

エディターのように使えるので使い勝手もとてもよいです。

リッチテキストタグ

早速「Rich Text Tags」をインストールし有効化してみました。

すると、カテゴリー一覧の画面が投稿画面のようになっております。

感動しました!

新カテゴリー一覧

これで、全てのカテゴリーを編集していこうと思います。

今回参考にさせていただいた「ハワイのWeb制作会社で働くダンサーのブログ」さん、ありがとうございました。

スポンサーリンク





-STINGER, WordPress
-, , ,

Copyright© 初心者の私が副業でどこまで稼げるか , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.