WordPress

WordPressワードプレスの各種設定

投稿日:

WordPressの設定

 

 

 

WordPressのテーマ

WordPressログイン画面からログインします。

wordpress_01

 

始めに外観からテーマを選択しました。すでにインストール済みのテーマが数個あります。画面上部の新規追加ボタンかテーマ一番最後の+ボタンの「新しいテーマを追加」で新しいテーマを追加できます。

 

テーマは色々あります。「テーマを追加」から「特長フィルター」で見て頂けるとわかりますが、レイアウトが2段など選択できるのが7種、機能がカスタム背景など20種、題名がブログなど9種から自分の好みを選択しフィルターをかけ、いろいろ見てみました。

 

ここに掲載されているテーマがWordPress公式サイトです。公式サイト以外のテーマ色々とありますが公式テーマ以外では危険な悪さをするテーマもあるようです。気を付けなければいけないです。

 

今回は公式テーマで以外で、「厳選日本人作成の無料テーマ3選」で選んだ人気のテーマ「STINGER8」を使用します。

WordPress 日本人作成の無料テーマ厳選集

 

理由としては、

1.自分好みテーマを探すのに時間が掛かりすぎる。

2.各種設定などが英語で分かりにくい。

3.人気のあるテーマはカスタマイズがしやすい。

なによりも、日本語ですので理解しやすいです。また、SEOの対策もしっかりしていますので、初期の段階では加工なしでそのまま使えます。

 

素晴らしいテーマ「STINGER

WordPressテーマ 「STINGER 8」をダウンロードします。

ダウンロード先は STINGER史上最高にシンプルなテーマ「STINGER8」 です。

トップページメニューの右側「ダウンロード」をクリック、ページ中位の「STINGER8ダウンロード」からダウンロード。

 

「STINGER8」と「STINGER8子テーマ」を2つダウンロードします。ダウンロード先を確認しておきましょう。

 

 

 

ダウンロードが完了しましたら、WordPressダッシュボード(初期画面)の外観から「テーマ」「新規追加」もしくは「新しいテーマの追加」を押します。

次は画面一番上「テーマを追加」文字の右側の「テーマのアップロード」にいきます。

WordPress テーマの追加

「ファイルを選択」をクリックし、先ほどダウンロードした「STINGER8」を選択し、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが終了しましたら、「テーマのページに戻る」をクリックし、先ほどと同じように「ファイルを選択」をクリックし、

次は「STINGER8子テーマ」を「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが終了しましたら、「STINGER8子テーマ」を有効化をクリックします。有効化はWordpressでこのテーマを適用することです。

これでテーマのインストールが終了しました。

 

今回のダウンロードとインストールでは2つのファイルをインストールしました。

これは、「親」と「子」です。WordPressでは「テーマ」のバージョンなどか変わり、バージョンアップがあります。その際に今まで設定をしていたレイアウトなどが、バージョンアップなどによりリセットされてしまいます。「子」テーマでレイアウトなどの設定をしていると、「親」がリセットされても影響がありません。「子」テーマで設定していない部分だけが「親」テーマのものを使用します。

 

サイト基本情報を設定

ダッシュボードの「外観」から「カスタマイズ」へ

左側のメニューの設定を変えていくと、右側にサイトレイアウトも変わっていきますので、サイトのイメージがつかみやすいです。

 

 

サイト基本情報は全て見ながら設定をしていると1時間はあっという間に過ぎてしまいました。「STINGER8」はシンプルで初期設定のままでもある程度の形ができていますので、時間を掛けずに気になる部分のみ設定してみました。

 

 

 

 

 

 

 

  • 「サイト基本情報」の「サイトタイトル」は自動入力されています。サイト名を変えるときはこちらを編集すればよいです。サイトのタイトルは検索エンジンでの検索結果になりますのでとても重要です。「キャッチフレーズ」は自分のサイトが何を掲載しているのかわかる文にしました。「サイトアイコン」も設定しました。サイトアイコンが入るとちょっと良い感じがします。
  • 「色」では自分のイメージに合ったものを選択。単純明快でした。
  • 「ヘッダー画像」、「背景画像」は設定なし。シンプルを求めます。
  • 「メニュー」はサイト上部のメニューと下部のメニューを設定。
  • 「ウィジェット」はある程度の投稿数がたまってきてから調整しても良さそうなので、スルー。
  • 「固定フロントページ」は使いたいですが、固定ページができていないので後ほど。イメージはサイトのトップページを固定のページにしてそこからのリンクで各記事に移るようにしたいです。
  • 「追加CSS」も後回しに。

設定がおわりましたら、必ず「保存して公開」をクリックしましょう。

ここでの「公開」はレイアウトと基本情報の公開です。記事の全くない骨組みが「公開」されました。

 

記事を書き始める

記事を書くためには、ダッシュボードの投稿一覧の「新規追加」から始めます。

新規の投稿はここから

始めに悩むのが、記事のネタです。何を書いて良いのか?

記事を書く参考にしたのが、アフィリエイト広告のカテゴリーです。

アフィリエイト広告会社の最大手の A8.net のカテゴリーは

★総合通販  ★健康  ★美容  ★グルメ・食品  ★ファッション  ★旅行

★金融・投資・保険  ★不動産・引越  ★仕事情報  ★学び・資格  ★暮らし  ★Webサービス

★インターネット接続  ★エンタメ  ★ギフト  ★スポーツ・趣味  ★結婚・恋愛

この中から、自分の得意とする分野を探すと広告をつけやすい記事も書けると思います。

A8.net はブログを開設前から登録できますので、先に登録をしてどの様なプログラムがあるか見ておきました。

上記のカテゴリーは大分類ですので、さらに絞った小分類のカテゴリーを参考にすると、内容の絞られた記事が書けると思います。

記事の途中保存と公開

記事の途中保存には気を付けましょう!勢い公開ボタンを押してしますミスを犯しました。

投稿のステータス

投稿の編集画面(新規追加後の画面)右側に公開の部分があります。上の画像です。

ステータスは「下書き」になっていますが、下の青部分「公開」をクリックしてしまうと、すぐに公開されています。記事が完成していないのに公開されると、誰でも見れる状態になります。

このような間違いを無くす為に、非公開にチェックを入れておきます。非公開では本人のみが見れる状態です。また、非公開ですと、投稿一覧のタイトルの前に非公開と入りますので、公開しているのかが一目瞭然です。

 

非公開の投稿に公開してる投稿からリンクを張るとリンクエラーになるようです。リンクは公開してからの設定がよさそうです。

 

いよいよ、記事の公開ですですが公開前に「タグ」「titleタグ」「メタキーワード」など投稿する内容に沿って、適切な文章を入れました。

公開は、上記の公開状態から「公開」にチェックを入れOKを押し、下の「公開」を押すだけです。

公開する前は「下書きとして保存」してから一度プレビューで確認したが必要と感じました。

 

スポンサーリンク





-WordPress
-, ,

Copyright© 初心者の私が副業でどこまで稼げるか , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.